Excel(エクセル)の基本操作

今回の講義は、ネットビジネスのみならず一般的に広く使用されている表計算ソフト
Excel(エクセル)の使い方についてお伝えします。

Excel(エクセル)に不慣れな初心者の方は、ぜひ動画をご覧になりご自身のビジネスの基礎を作るきっかけとして頂ければと思います。

目次<非表示>

①Excel(エクセル)の基本操作の解説動画
②Excel(エクセル)の基本操作
・自動ナンバリング(オートフィル)
・セル内の文字の配置(上下中央・左右中央)
・行の挿入
・列の挿入
・行の非表示
・列の非表示
・数字の桁区切り
・オートSAM(サム):数値の合計を出す
・非表示の行の再表示
・非表示の列の再表示
・計算式の入力
・罫線の引き方

Excel(エクセル)の基本操作の解説動画

Excel(エクセル)は、非常に有用な表計算ソフトです。

ネットビジネスばかりではなく、あらゆるビジネスの場において売上や支出の収支計算を行って利益を把握しておかなければなりません。

ですのでエクセル操作の経験がない無い初心者の方がビジネスを始めるのであれば習得しておく必要があります。

操作は簡単です。

動画講義では、エクセルの基本的な機能について解説していますので、ぜひ動画をご覧になりながら一緒に売上の管理表を作ってみましょう。

Excel(エクセル)の基本操作

自動ナンバリング(オートフィル)

セルに数字を入力する

数字を入力したセルを選択し、マウスポインターをそのセルの右下に移動させる

マウスポインターが黒い十字に変わったらクリックして右にドラッグする

ドラッグしたまま範囲指定するとマウスの右下にオートフィルオプションのアイコンが出現

アイコンのプルダウンから「連続データ」を選択する

最初に入力した数字の続きが自動で入力される

【オートフィルのアイコン】

セル内の文字の配置(上下中央・左右中央)

変更したい文字の配置があるセルを選択

ホームタブの配置グループにある「上下中央揃え」「左右中央揃え」のアイコンをクリック

行の挿入

行を挿入したい箇所の一番左の数字をクリックして行全体を選択(複数行の挿入は複数行を選択)

行全体を選択した状態で右クリックし「挿入」を選択

の挿入

列を挿入したい箇所の一番上のアルファベットをクリックして列全体を選択(複数列の挿入は複数列を選択)

列全体を選択した状態で右クリックし「挿入」を選択

行の非表示

非表示にしたい行の一番左の数字をクリックして行全体を選択

行全体を選択した状態クリックし「非表示」を選択

※非表示の行は、一番左の数字の連続性の有無で判断

列の非表示

非表示にしたい列の一番上のアルファベットをクリックして列全体を選択

列全体を選択した状態で右クリックし「非表示」を選択

※非表示の列は、一番上のアルファベットの連続性の有無で判断。

数字の桁区切り

桁区切りしたいセルを選択(数字入力前でも選択可)

ホームタブにある数値グループの「桁区切り」のアイコンをクリック

オートSAM(サム):数値の合計を出す

合計を出したい数値の入力された複数のセルをドラッグして選択

範囲選択した状態でホームタブの編集グループの「オートSUM」のアイコンをクリック

※SUM(サム)は足し算の関数を表します
(選択したセルの数字をワンクリックで足し算する関数のコマンドアイコン)

【SUM(サム)関数の説明の補足】

例:SUM(A1:F1)
(A1➡️Aの行の列1番目のセルを指す)
(F1➡️Fの行の列1番目のセルを指す)

例の数式を図で示すと・・・

A1のセルからF1のセルの合計(SUM)を出すという意味を表します。

では、SUMを使ってA1からC1の合計を出してみます。

四角い赤枠の部分にカーソルを合わせます。

すると黒い矢印が表示されますので、左のC1までドラッグします。

SUM関数の()内もA1:C1の表示になりました。

非表示の行の再表示

非表示の行の上下隣の行を選択

選択した状態のまま右クリックして「再表示」をクリック

非表示の列の再表示

非表示の列の左右隣の列を選択

選択した状態のまま右クリックして「再表示」をクリック

計算式の入力

<セルA1とセルB1の計算>

計算式の答えを入力したいセルを選択し、イコール「=」を入力。

セルA1をクリックして選択

計算記号(+、-、*、/等)を入力
(+:足し算、-:引き算、 *:掛け算、 /:割り算)

セルB1をクリックして選択してEnterキーを押す

罫線の引き方

線を引きたいセルを範囲指定

右クリックで「セルの書式設定」を選択

罫線タブからお好みの罫線を選択してOKをクリック

※セルの書式設定のショートカットキー:「Ctrl+1(数字の1)」

ぜひ、上記で説明した操作を動画をご覧になりながら売上管理表を作成してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする