WordPress(ワードプレス)のSSL化の手順

今回の講義は、WordPress(ワードプレス)のSSL化の設定方法についてお伝えします。

初めての方にも理解しやすいように解説しています。

目次<非表示>

①SSL化とは?
②SSL化で何が有利になる?
③WordPress(ワードプレス)のSSL化
④WordPress(ワードプレス)のSSL化の手順解説動画
⑤エックスサーバーで行うSSL化設定
⑥WordPress(ワードプレス)のSSL化設定

SSL化とは?

新しくブログなどのWebサイトを開設する時は、常時SSL化の状態である必要があります。

【SSL化とは?】

・Webサイトのセキュリティを強化すること
➡️Webサイト全体を暗号化すること
「Secure Sockets Layer」(セキュア・ソケット・レイヤー)の略

➡️「http:」で始まるURLが「https:」に変わる

インターネット上の送受信のセキュリティ規格で、アメリカのネットスケープ社によって開発されました。

一昔前は、暗号化といえば、パスワードや個人の情報のページ、クレジットカードの決済ページで行うのが主流でしたが、現代はgoogleの方針や時代の変化に影響され、Webサイト全体をSSL化するのが一般的になりました。

SSL化で何が有利になる?

【有利な点】

・個人情報等を盗まれることがなくなるので安心してWebサイト作成ができる

➡️SSL化されたWebサイトで行われる全ての通信にセキュリティがかけられる

検索結果の表示順位で上位に表示されるようになる

➡️Googleが、2014年8月に公式のブログの中で、「https」をランキングシグナルに使用することを明言したためSSL化していないと検索結果の順位が下がってしまう

つまり、Webサイトがどんなに頑張っても、良い記事をあげようとも、アクセスを稼ごうとしても、検索結果で上位に表示されなくなってしまうのです。

Google chromeで検索すると、次の様にSSL化されているサイトとされてないサイトで表示が異なります。
サイトの訪問者に安心感を与えるためにもサイトをSSL化したほうがいいと思いませんか?

・SSLを導入しているサイト

・SSLを導入していないサイト

WordPress(ワードプレス)のSSL化

SSL化の手順は、とても簡単です。

エックスサーバーのSSL化設定

ワードプレスのダッシュボードでSSL化設定

この2ステップです。

下の解説動画をご覧になりながら設定してみましょう。

WordPress(ワードプレス)のSSL化の手順解説動画

エックスサーバーで行うSSL化設定

エックスサーバーにログイン

エックスサーバーアカウントからサーバー管理をクリック

サーバーパネルから「ドメイン」のところにあるSSL設定をクリック

ドメイン選択画面でSSL化したいドメインを選択
➡️SSL化されていないドメインは、「独自SSL」が「0個」となっています。

SSL化したいドメインを選択する

独自SSLのタブのところで「追加ボタン」をクリック

これで、エックスサーバーで行うサイト全体のSSL化の設定は完了です。

続いて、WordPress(ワードプレス)のダッシュボードのSSL化設定です。

WordPress(ワードプレス)のSSL化設定

WordPress(ワードプレス)の管理画面にログイン

「設定」から「一般」を選択しクリック

WordPressアドレス(URL)とサイトアドレス(URL)の「http」の後に「S」を追加

<追加前>

<追加後>

以上で新規サイトの常時SSL化設定は完了となります。

簡単に設定出来ますので、ぜひ動画をご覧頂きながらSSL化設定を実践してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする